町

2014/07/06

「フォトジェニックな街?鎌倉」

10407259_656091301135596_8584561547375041750_n.jpg

毎年のことですが、6月の鎌倉は大混雑。
特に長谷~極楽寺あたりが大変な人出で、江ノ電に乗るのにも大行列。
毎日の通勤通学に使っているのに1時間並ばされた・・なんて話も聞こえるほど。


R0015685.JPG

言うまでもない、
6月は、成就院~長谷寺あたりのアジサイ見物にたくさんの方が押し掛けるのです。
何年か前の写真ですが、ピーク時の長谷寺の週末はこんな感じ。
境内に入ってから80分以上待たなくてはならないことも。。


10421133_656205384457521_8460692391267406445_n.jpg

今年はさらに、混雑に拍車がかかる現象がありました。
ここ、海沿いの路地から人があふれています。
さて、一体なにごとか??と言うと、


10291050_810298145656807_5247716060247705317_n.jpg

そう、ご存知『最後から2番目の恋』現象とでも言うのでしょうか?
長倉家の舞台となったカフェを目指す皆さんが、
極楽寺の駅から坂の下の路地に向かってゾロゾロと歩いて行きます。
(写真は公式サイトより)

>>最後から二番目の恋 ロケ地ガイド
こんなサイトもあるぐらいですから、
ドラマファンなら、その舞台に足を運んでみたいと思うのは当然のこと。


140518dd.jpg

実は、ボンズくんと馴染みが深い>>北鎌倉たからの庭も、
第5話に登場。和平さんと薫子さんの陶芸デートシーンが撮影されました。

このドラマは、海岸や神社は言うまでもなく、カフェや酒屋さんといったどこにでもある風景でも、わざわざ鎌倉の中でロケをしているんです。
スタッフにしてみれば、東京界隈の撮影慣れした場所を使った方がはるかに楽だし安くつくと思いますが、、
そこを敢えて何倍も手間をかけて鎌倉で撮影することで、鎌倉らしい空気をストーリーに映し出そうとしていたんですね。
この番組で、新たに鎌倉ファンになってくれた人が日本中にいることでしょう。ありがたいことです。


『続続・最後から二番目の恋』、もしくは『帰って来た最後から二番目の恋』が作られるかどうか気になるところですが、
鎌倉住人としては、↓こちら↓の企画も目が離せません。

2038917_201406230864172001403486760c.jpg

吉田秋生原作の『海街diary』が、ついに映画化!
こちらもガッツリ、極楽寺あたりが舞台です。
さらに、メガホンを取るのは昨年カンヌで審査員賞を受賞した是枝裕和監督とあって、全世界の注目を集めること必至。

フォトジェニックな街・鎌倉。
映像が持つ発信力は侮れませんが、度重なる撮影に近隣とのトラブルが発生する可能性もあります。
制作者と市民、お互いイヤな思いを抱くことなく、ステキな作品がうまれる事を祈ってやみません。

↑ページの先頭へ戻る

鎌倉のたか 
ら探し

  • 祈
  • 恵
  • 人
  • 智
  • 町
  • 食
  • 菜
  • 甘