祈

2013/07/01

「鶴岡八幡宮の大祓に行ってきました!」

一年の半分が、過ぎましたね...

ボンズくんには、今年もこれまで

たくさんのご縁をいただいてきました。

あらためて、有り難うございます!

そして昨日、八幡さまでは、

この半年の間身につもった穢れを祓う儀式がありました。

大祓(おおはらえ)の神事です。

大祓は、6月30日と12月31日に、

"身についた罪穢(つみけがれ)を祓い去り

清らかで健やかな心身に立ち返るために
くわしくは鶴岡八幡宮HP
各地の神社で行われています。


6月30日は、「水無月大祓」(みなづきのおおはらえ)と呼ばれます。

まず神主さまが勢揃い!

少し緊張します。

一緒に声を合わせ、日本の神話が書かれた大祓の詞を読んで、
いただいた"切麻(きりぬさ)"という麻と紙を小さく切ったものを、
紙吹雪のように、
「祓えたまえ、清めたまえ」
と言いながら、左、右、左と身体にかけます。

次に、
人の形に紙を切り抜いた"人形(ひとがた)"を
頭の先からつま先まで、よくよく撫でて
最後に、ふーっと息を吹きつけます。

自分がまとってしまった罪穢れを、体の中からすべて
人形に移してしまうのです。

人形は集められて、神主さまによって清められます。

Photo_5


式が終わると、足元は切麻でいっぱいです。
...お掃除が、たいへんですね...。

Photo_6

そして「茅の輪」をくぐって、祓い清めます。
これも左、右、左まわりと八の字に三回くぐります。
茅(かや)は古来より邪気を祓い除ける力があると言われているそうです。

Photo_7

順番はまだかな...

Photo_9


茅の輪を抜けると、お清めのお酒をいただきました。

おいしい...

Photo_10

私たちは毎日の暮らしの中で
気がつかなくても、言葉や態度で
友だちや家族を傷つけてしまったり、
罪や過ちを犯してしまうことがあるそうです。

穢れを清めた後は、なんだかとても気持ちがいい...
明日から、また楽しくがんばります!


(kyoko)

↑ページの先頭へ戻る

鎌倉のたか 
ら探し

  • 祈
  • 恵
  • 人
  • 智
  • 町
  • 食
  • 菜
  • 甘