祈

2015/02/18

「お寺の中のお稲荷さん〜泉ヶ谷稲荷の縁日へ〜」

今年の『初午の日』(立春以降の最初の午の日)は、2月11日でした。
この日は、お稲荷さんに縁が深く
鎌倉扇ガ谷のお寺「浄光明寺」でも
お稲荷さんの例祭が執り行われました...と...あれ、
...お稲荷さんって神社では?

お寺の門で.jpg

鎌倉時代の建長3年(1251)に建立された泉谷山 浄光明寺の境内奥には、
江戸時代の文化7年(1810)〜当時の近隣住民の発願によって
京都の伏見稲荷から勧請(御霊を分霊してお祀り)したお稲荷さんが
あるのです。その名も『泉ヶ谷稲荷』。

https://m.facebook.com/joukoumyouji

今でこそ、お寺と神社は分けられているけれど
あの鶴岡八幡宮だって、「鶴岡八幡宮寺」という名前で
明治以前は境内に真言宗のお寺があったように、
浄光明寺も、縁の人々にとってさまざまな思いを込めて「祈る場」であり、
地域の一大公共施設だったことをあらためて感じます。

お稲荷さんと.jpg
コンコンコーン

午前11時。階段の下の境内から梵鐘が打ち鳴らされ
それに呼応するように、お稲荷さんの太鼓が打ち返されます。

そして、法螺貝の音が、下の方から聴こえてきます。
法螺貝を吹いているのは浄光明寺のご住職。石段を上ってお稲荷さんへ。

鳥居の前で、
「おんそわか...」真言宗らしい、不思議な音色のお経が始まりました。
中空に文字を描くような所作...お経...鉢と呼ばれるシンバルのような
楽器が鳴らされ、「例祭祭文」(例祭の由来など)が読み上げられます。

鳥居&お坊さま.jpg

「神仏分離の苦海を越え...」
歌うような旋律とともに、肩越しにきれいな散華が数枚投じられ、
運良く近くに舞ってきた参拝者が拾います。(いいなあーと皆内心思う瞬間です♪)

ご住職の透明な声で般若心経がはじまると、参拝者のお詣りです。
鳥居をくぐり、まずお寺式にお焼香、そのまま神社式に二礼二拍手〜
という、神仏の境目を超えた祈りの姿。

一人ずつ参拝を終えて石段を下りくると
豚汁と焼き鳥etc.が振る舞われてまた、カンゲキ♪

豚汁.jpg

さらにこの日は特別に、
御本尊の阿弥陀如来を中心にした阿弥陀三尊像
(左から勢至菩薩・阿弥陀如来・観音菩薩)を拝顔することができました。美しい!

お寺の方の解説によると、
阿弥陀如来さまは檜の寄せ木造りで、鎌倉時代の作。
時代の荒波の中で、浄光明寺も何度も火事に遭ったけれど
そのたび救い出されてきた仏さま。
京都にはない、鎌倉だけの「土紋」という手法で作られ
今では無垢の木の色しかないけれど、元々は金色に花柄の衣をまとった
華やかな御姿だったそうです。(想像してみます〜)
しかも江戸時代になって「宝冠」を乗せられている。
冠をかぶった阿弥陀さまなんて、珍しいですね。

境内は、奥へ進むほど、高く高く登るような設計で、
上からの見晴らし.jpg
さらにどんどん上ると
御堂の屋根の向こうには海が見えてきます。

自然の山肌を削り、穴を開けてつくったやぐらの中には
「700年間座りっぱなし」というお地蔵さまが いらっしゃり、

お地蔵さまのやぐら.jpg

さらに最奥の高台へ上ると、視界が開けてあたり一面が
見張らせます。

この起伏に満ちた境内に、何百年もの間
数えきれない人々の信仰が、織り込まれてきたのかなあと思うと
感慨深い...

明るい光に包まれた境内は、梅の花も咲き始め
早春の訪れをいっぱいに感じさせてくれました。

ご住職とぼく.jpg

大三輪住職、どうもありがとうございました。
またお話を聞かせてくださいね。

↑ページの先頭へ戻る

鎌倉のたか 
ら探し

  • 祈
  • 恵
  • 人
  • 智
  • 町
  • 食
  • 菜
  • 甘