おしらせ

2013/05/19

「ボンズくん「鎌倉本に」掲載されています!」

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」

江戸時代前期の俳人、
山口素堂やまぐちそどう が詠んだこの句には
“鎌倉にてという前書きがあります。

江戸時代、カツオは“勝魚とも書き
「女房・娘を質に入れてまで食べたい。」
とまでいわれた人気魚、

中でも鎌倉(特に坂ノ下)産がピカイチと、
されていました。
徳川代々の将軍さまのお膳にも上ったカツオも
(生類哀れみの令以後の綱吉公をのぞき)
すべて鎌倉産だったとか。

芭蕉も、カツオを武士と重ねて、
「鎌倉を 生きて 出でけむ 初鰹」と詠んでいます。

イキのよさでは、初鰹に負けじと?
ボンズくんもがんばっています!

Kamakurabon
現在大ヒット発売中の「鎌倉本」(エイムック)には
たからの庭が大きく掲載され、
ボンズくんもなかも、ピックアップされています。

そして、
商品ラインナップも、また
新しいものが誕生しました!

では、それは次回に…


↑ページの先頭へ戻る