2014年3月の記事一覧

2014/03/31

「祈る、ということ。」

140331a.jpg

3月11日、鶴岡八幡宮で「東日本大震災 追悼・復興祈願祭」が執り行われました。鎌倉の神道・仏教・キリスト教、三宗教の宗教者100人余が集まり、それぞれの形で祈りを捧げました。


140331g.jpg

八幡宮の舞殿で観音経が唱えられ、讃美歌「いつくしみ深き神よ」や「アメイジンググレース」が歌われました。集まった参列者たちは、ともに黙祷し、ともに手をあわせて、お焼香の列に並びました。
最後、インタビューに応えた建長寺の高井宗務総長は、「私たちにできるのは祈ること。毎年開き、鎌倉は被災地のことを決して忘れない、ということを伝えていきたい」と語っておいででした。


140331e.jpg

後日、アメリカや中国などの在日記者に、鎌倉の復興祈願祭の映像を見せる機会がありました。
参列した数千人の人たちが等しく手を合わせ、お焼香する姿を見て、ある中国人記者が「日本人は誰でも、ああやって祈ることができるのか?」と不思議そうに浄智寺住職の朝比奈さんに尋ねたそうです。それを聞いた朝比奈さんも私たちも、逆にとても驚きました。わたしたちが子どもの頃から当たり前にやっている「祈る」という行為を奪われてしまった人たちがいるという事に気づかされたのです。


140331b.jpg

「祈ること」。特定の宗教に所属していなくても、日本人なら誰でも「祈り方」を知っています。手を合わせること。時に目をつむること。目の前にはない"何か"に向かって語りかけること。
日本人にとって一番身近な神様は、いわゆる「八百万(やおよろず)の神々」です。空や太陽や、風や雲や、樹や川や海や山や大地や、ありとあらゆるものを畏れ、敬い、感謝する心は、誰に教わるでもなく、私たちの暮らしの中にあります。だから、天気が良ければ「ありがたい」と思い、食事をする時には戴く命に「いただきます」と言い、四季折々の行事を大切にし、遠足の前日にはテルテル坊主をぶら下げるのです。思いやり深く、自然の恵みに感謝して慎ましく生きる日本人ならではのスタイルは、こういった宗教観に根ざすところが大きいでしょう。


140331d.jpg

でも今は、日々の生活が自然と切り離されて、人間が完全にコントロールする(しようとする)世界で暮らす人が増えて来ています。若い家族は、何か目に見えないものに感謝する心を、我が子に教えることがないかもしれません。それとともに、日本人の美徳である謙虚さや、自然を崇拝する心は、どんどん失われつつあるのではないでしょうか。「祈り方を知らない日本人」になってしまうのでしょうか。


そして・・。私たちが鎌倉に感じる居心地の良さは、もしかしたら、そうした宗教観が今も身近に息づいていることによるのかもしれません。
小さな町の中で、神道も仏教もキリスト教も共存していて、違和感なく町の風景として神社やお寺や教会が溶け込んでいます。
山と海に囲まれた小さな町では、自然を無視して暮らすことはできません。鎌倉の人は、どこか「自然の中で生かされている自分」という意識を共有しているように思います。だから、鎌倉の時間はゆっくりとおだやかに流れ、吹く風はやさしく、人々は笑顔になるのではないでしょうか。


140331f.jpg

いま、復興祈願祭がベースとなって【鎌倉宗教者会議】という組織が立ち上がり、神道・仏教・キリスト教の三宗教が宗派を越えてつながろうとしています。「豊かな【宗教都市・鎌倉】の実現を目指して・・」というと何か特別なことを目論んでいるかのように聞こえてしまいそうですが、それってシンプルな言い方をすると「祈ることを大切にする町・鎌倉であり続けたい」ということなのかもしれませんね。

この3月は、そんなことを考えさせられた月でした。
(kayo) 

※写真提供:山川龍也、加田務(鎌倉宗教者会議より)

>>鎌倉宗教者会議のホームページ

2014/03/29

「弥生の精進料理」

R0014861.JPG

極端に寒い日や暖かい日が交互に続き、まさに三寒四温な毎日ですが、季節は確実に春になってきており、鎌倉も梅の香りで満ちています。今月は走りのエンドウ豆やうるいなど芽吹いたばかりの緑を愛でる献立に致しました。

1.追い込みチラシ 2.うるい汁 3.菜花の辛子和え 4.生麩と独活の甘酒酢みそ和え 5.新えんどうのふくませ 梅麩添え


1.追い込みチラシ
ひとつの鍋で徐々に味付けを濃くしていく「追い込み煮」という江戸料理の技法を使ったちらし寿司です。20年ほど前、江戸懐石を習いたてに教えていただき、何十回と作って、今では体が覚えてしまっています。関東人の好きな甘辛い味ですが、酢飯の方に砂糖を使っていないので食べ飽きしません。蒸し暑い日でも日持ち良く、お弁当にいいですよ。精進料理なので、金糸卵の代わりに干し湯葉を揚げたものを使いました。寿司飯なので、通常のご飯より固めに炊くのをお忘れなく。また具と寿司飯を混ぜるときは、必ずご飯が熱くないといけません。冷めたご飯に混ぜ込もうとしても団子状にご飯が固まってうまくいきませんのでご注意くださいね。団扇で扇ぐのも具を混ぜるときです。打ち酢のときに混ぜながら仰ぐとネバが出ます。

材料:
米2.5c、水575cc、打ち酢(米酢60cc、淡口小2)
●人参80g 人参煮汁(昆布出汁1/2c、砂糖大1、醤油大2)
●干し椎茸3枚 干し椎茸の煮汁(人参煮汁の残+砂糖・醤油各大1/2)
●油揚1枚 油揚の煮汁(干し椎茸の煮汁+砂糖大2、醤油大1/2)
●蓮根50g 甘酢(米酢大3、砂糖大1/2、塩少々)
揚げ湯葉10g、絹さや50g、紅生姜適宜、焼のり1枚

1)米は研ぎ、ざるにあげて15分は置き、浸水してすぐ炊き始める。
2)人参を千切りし、冷たい出汁に入れ温まったら調味料を加え、やわらかくなるまで煮る。
3)干し椎茸を戻し千切り、2の鍋から人参を取り出して、調味料を加えて煮る。
4)3の鍋から椎茸を取り出し、さらに調味料を加え、油抜きして線切りした油揚げを煮る。
5)炊きあげて10分ほど蒸らしたご飯を飯台に取り、打ち酢を上から1か所にさっとかけ、飯を上下させながら混ぜていく。
6)蓮根は皮をむき、4つ割にして薄切りし酢水に漬け、そのままゆでて、甘酢に漬けておく。
7)飯が温かいうちに煮た具を混ぜ、団扇であおぎ、艶をだす。濡れ布巾を被せておく。
R0014858.JPG
8)絹さやは筋を取り、熱湯に塩一つまみ入れゆでで線切りし水に放っておく。
9)湯葉は揚げてほぐしておく。
R0014835.JPG
10)ちらしを盛りつけ、もみ海苔、蓮根、紅生姜、揚げ湯葉、絹さやを上にもる。

2.うるい汁
お寿司には味噌汁より澄ましが合いますね。うるいと、走りの筍を使って具沢山のお椀にしました。お出汁は昆布出汁ベースで、油揚げからも甘く良い味わいが出ています。しゃきしゃきとした元気の良い歯ごたえを楽しんでいただけたらと思います。

材料:うるい1パック、ゆで筍(小)2本、油揚げ1枚、昆布出汁5c、塩・淡口小1

1)うるいは洗って、さっとゆで、水にとり、冷めたら3cmくらいにカットする。
R0014793.JPG
2)筍はやわらかい姫皮をのこし、皮をむき、薄く切ってしもふってザルにあげておく。
3)油揚げは油ぬきし、長いほうのを1/2にしてから千切りしておく。
4)出汁を温め、調味し、油揚げを入れて少し炊いてから、うるい、筍を温める。


3.菜花の辛子和え
菜花と辛子は同じアブラナ科なので相性もぴったり。ガーゼの上から漬け地をかけることによって少ない汁でもむらなく回り、辛子の塊などが菜花に残ったりしません。ちょっとしたことですが、召し上がる方への思いやりですよね。茶事の八寸などにもいいですので定番メニューに入れてください。

材料:菜花1/2把、塩少々、ガーゼ
漬け地:昆布出汁1/4C、塩小1/4、淡口・味醂・辛子各小1/2

1)菜花は1時間程度水あげしてから茹でて水にとり、色止めしたらザルにあげておく。
2)漬け地をつくり冷ましておき、辛子を入れて1をバットにおいて、上にガーゼを乗せて漬け地をかけ15分はおく。
R0014806.JPG


4.生麩と独活の甘酒酢味噌和え
青柳代わりに生麩を使いました。生麩のもちもち、独活のさくさくを楽しめる一品です。独活も皮が案外柔らかいものもあり、その場合はむかずに使います。練り味噌はたくさん作り置いて、こんな酢味噌和えや田楽などに色々と使ってください。ご家庭用の献立なのでわけぎを使いましたが、寺院などではネギやにんにくなどはご法度です。

材料:生麩1/2本、わけぎ2本、独活1/2本
酢味噌:西京みそ50g、甘酒大3、酢大1、辛子小1

1)西京味噌と甘酒、酢、辛子を入れ、衣を作る。
2)生麩は5mmの厚さに切ってからさらに長いほうを3等分にし、さっと八方地(分量外:みりんと薄口しょうゆ)で炊いておく。
3)わけぎは白い部分と青い部分でカットし、塩茹でして、すぐあおぎ、青い部分を軽くしごいてから3cm程度にカットする。
R0014850.JPG
4)独活は固いようなら皮をむいて長さ3cmマッチ棒の太さに切って酢水につけておく。
5)食べる直前に2,3,4を1で和える。


5.新えんどうのふくませ
走りのえんどうをひたしにしました。最近はさやからむいてうっているので、皮が硬くていけませんね。ぜひさやつきを求めてください。そしてさやからでたら硬くなるので、すぐにゆでてあげてください。一番ベストな状態で食べてあげることこそ、食材に対する感謝です。ゆでたらお風呂の温度程度の塩湯につけておいてあげるとしわが寄らずにきれいに仕上がります。

材料:えんどう豆200g
漬け汁:昆布出汁1C、塩・淡口小1/2、味醂大1
梅麩各5mm、昆布出汁1/4C、砂糖小1、塩少々

1)えんどうはさやから出し、たて塩に5分程度つけてから、熱湯に塩ひとつまみを加えやわらかくゆでる。
2)ボールに40度程度の湯と塩少々を入れて1を移す。
R0014818.JPG
3)漬け地を火にかけ調味料をなじませて2の水気を切ってふくませる。
4) 梅麩は5mm程度にカットし、出汁でさっと煮、えんどうに添える。




レシピ&原稿:温石会 入江亮子
(北鎌倉たからの庭<旬を楽しむ精進料理> 3月の献立より)

2014/03/24

「春のあしおと」

今年の冬は寒くて長くて、大雪もどかどか降るし、毎日"寒い寒ーいっ"と部屋のストーブの前で丸まってたら、ある日ふと、部屋に差し込む陽射しが全く違っていることに気付きます。

"あれ、こんなに奥まで陽が差し込んでる。"


外の空気は、まだひんやりと冷たいのに、太陽の位置は、いつの間にかすっかり変わり、陽の光も明るくまぶしくなっていて、冬のそれとは、もうまったく違います。

001.JPG 002.JPG


冬のあいだ、枯れ果てた木々の中で、柑橘の橙色の実りだけがぽっかりと温かみを灯してくれていた庭先も、ぐんぐん色が増えてきています。気の早いあじさいは、もう6月の出番の準備を始めています。

"ちょっと、でかけてみようかな。"


あかるい光に誘われて出掛ける道々で、すでに春が通ったあしあとが見つかります。

003.JPG
<角を曲がった途端に香りが届く、沈丁花>


004.JPG
<何桜かしら。>


005.JPG006.JPG
<店先にも。春がやってきたようですね。>


007.JPG
<木蓮も春を告げています。>


008.JPG
<和菓子屋さんのショーケースには、おいしそうな春が並んでます。>


009.JPG
<古書店の店先、夢二の春。きっと店主の計らいに違いありません。>


010.JPG
<通り沿いの瀟洒な店先には、軽やかな春たちが。>


011.JPG
<甘味処ののれんも、あまい春を漂わせてます。>


そうそう、我が家の庭先にも、春があしおとを付けていきました。

012.JPG


このところの暖かさで、ぐんぐん育ってしまったので、天ぷらはあきらめて、蕗みそに。春の摘み草の苦みは、冬がカラダに残していった置き土産を追い出してくれると云うから、じょうずにアク抜きをして、春を感じることにいたしましょう。
たくさん採れたので、保存が利くよう、甘みをつけて火を入れて、クルミと合えたものを白いごはんといっしょに、いただきまーす。

013.JPG

じきに鎌倉も、お花見や観桜会。
もう、春です。


(rica)


お店のご紹介:だいたいの場所とお店のおなまえを頼りに、お散歩してみてください。
可愛らしい春のうつわやアクセサリー 元八幡「にちようび」
センスのよいご店主が丁寧に選んだ品々がうつくしく並んでいます。不定休ですので、しらべてお出かけください。

玉砂利の三和土が風情のある和菓子屋さん 由比ケ浜「桃太郎」
飾らない、ふだんのおやつの和菓子がいろいろ。ここのいちご大福と草餅のみたらしは絶品です♡

にぎやかな通り沿いの服屋さん 由比ケ浜「100% a hundred percent」
シンプルなコンクリート塗の店内にラインのきれいな甘すぎない可愛らしさのある服が並んでいて、お出かけ心をくすぐります。

2014/03/02

「ボンズくんでWedding♡」

ハート型もなかのボンズくん。
スタッフの間では、
「結婚式の引き菓子につかってほしいわ♡」
という声が根強くあったのですが、、

131020c.jpg

ジャーーーン!
その夢は案外早くかなったのでした!
4色のボンズくんキューブが山積み!


13102002.JPG

ここは横浜のオシャレなホテルの結婚式場。
ボンズくんファンとおっしゃって下さったMちゃんが、
晴れての披露宴〜(オメデトー♪)
そこで、なんと、
「ボンズくんキューブ入りもなか」を引き菓子に選んでくれたのです。


13102004.JPG

キューブの中身は、、

もなか一つと、メッセージカード。
このもなか、実は表の皮が白、裏の皮がピンクと紅白になってるんです。
オリジナルメッセージカードは、もちろん「禅の言葉」つきです。
<日々是好日>
 雨の日は緑がきれいです。
 風の強い日は星がよく見えます。
 どんな日も「よき日」と受け止めて、大切にできますように。。
ひとつひとつ、心をこめてパッケージしました!


13102003.JPG

新郎新婦から、ご出席の皆さんに一つづつ手渡しで。
Mちゃん、キレイ♡
ダンナさまも優しそう。いいな(o^∀^o) 

式場側のセレクトじゃなくって、ご自分たちのこだわりで選んだ引き出物。
お二人のあったかい気持ちが伝わりますね。


131020f.jpg

そんなステキなお二人に、
私たちからもボンズくんグッズをプレゼントしました。
たからの窯の陶芸家・梅澤幸生さんの手づくりのプレートです。
ボンズくんとお二人の名前を手描きしていただきました。


131020g.jpg

ボンズくんでWedding♡
まきちゃん&けいすけさん。
お二人の末永い幸せをお祈りしています。
(ステキな写真をたくさんありがとう!)

今年、ご結婚されるハッピーなカップルさん。
世界にひとつだけの引き出物に、鎌倉ボンズくんグッズをぜひご検討くださいませ♪

2014/03/01

「ワカメの春ですね、信栄丸さん」

鎌倉の海は今、ワカメ漁の最盛期です。
2月から3月中旬くらいまで〜早春の風物詩。

浜辺で風に揺れるワカメに引き寄せられて
坂ノ下の「信栄丸」さんにお話を伺ってきました!

信栄丸さんup.jpg


信栄丸さんは、毎日早朝5時半くらいに船を出して
10分くらい沖に進んだ(双眼鏡でなら見えるくらいの)ところ
に組んである"いかだ"と呼ばれる海の畑で、ワカメを収穫します。

今の季節は、ワカメがとてもよく育っているそうで、
どんどん収穫して、浜へ帰ります。(沖での作業は3時間くらい)

信栄丸.JPG
(こちらが信栄丸さんの船!)


浜に戻ってきたら、
すぐに大きな鍋で煮立てたお湯の中に入れて
ワカメをさっと湯がきます。

ゆがき釜.jpg
(こんな大きな炉に火を焚きます)


湯がいたワカメはきれいな緑色に!

ゆがきワカメup.jpg

すぐに食べる場合はこのままで。

もし、雨や雪が降っていたり干せない時は
湯がいたワカメにたっぷり塩をまぶして保存します(塩蔵)。
お天気がよかったら、1本を真ん中で裂きV字型に広げて
全体にお日様の光や風があたるようにしていきます。

半分にさいてV.jpg

1本1本、丁寧で根気のいる手作業です。

春の光は明るくて、でも風はまだ冷たく乾いています。
この光と風が、ワカメの美味しさをグンと凝縮して、
日持ちするものにしてくれる。
昔からつづく、自然と人の知恵による素晴らしいコラボですね。


揺れるボンズ.jpg

このワカメと、上の写真のワカメとの違いは何か
わかりますか?

正解は、V字型→I 字型になっていますね〜
一日中、太陽光と風にあてられたワカメは、日の入り前に
V字の中央から切り分けられて、先端をハサミできれいに切り揃え
整えられます。

1日目はここまで。いったん取り込んで
2日目は、ゴザの上に並べてまた1日、太陽光と風にあてます。


ござで干す.jpg

乾いてくると、色はだんだん濃い黒に。
色の変化や、触り心地をチェックしながら
まんべんなく乾くように、何度もひっくり返すのです。
やっぱりこの丁寧さが大切なんです。大変ですね。


くるくる手元.jpg

2日目の甲羅干しを終えたワカメは、乾燥状態を
保つためにくるくるとゴザにくるみ込み、出荷の準備へ。

「ワカメは3度色を変えるんだよ」と信栄丸さん。
収穫した時の茶色、湯がいた時の緑。そして乾いた時の黒。
湯がいてパッと緑に変化する時は、それはそれは
いい香りがするそうです。


春の凪.JPG

この日は凪で、おだやかな美しい海でしたが
凍える寒さの中での漁や、刻々と変わる天候への対応など
自然を相手にする仕事には、厳しい日もたくさんあって、

でもそのおかげで、私たちは美味しい海のめぐみを
いただいているんだなぁと、
信栄丸さんの笑顔を見ながら、しみじみ思ったのでした。

(お忙しいお仕事中に快く取材に応じてくださって
どうもありがとうございました!!)



てんぷら.jpg

お土産にいただいたワカメ、信栄丸さんオススメの
天ぷらにもしましたよー♬
生のまま+ポン酢や、お味噌汁にもしていただきました。
みーんな、美味しかったです。

ごちそうさまでした。



1656056_644351348976403_1252176199_n.jpg

*ワカメの次は、アカモク、しらす、サザエやお魚へと
 信栄丸さんの収穫も変わっていくそうです。
 また、取材におじゃまさせてください!

↑ページの先頭へ戻る

鎌倉のたか 
ら探し

  • 祈
  • 恵
  • 人
  • 智
  • 町
  • 食
  • 菜
  • 甘