2013年10月の記事一覧

2013/10/31

「清右衛門のみちくさノート 10月号」

『今月のテーマ:カマクラ・ブルー』
 

二十四節気でいうと霜降(そうこう)。といっても、このごろはもう一ヶ月もしないと霜は降りませんね。霜は霜で美しいものですが、もう少しだけ寒くなる心の準備がほしいところです。

秋はいつとはなく秋になって、気がつくとああ秋だという感じがして、そうこうしているうちにふと気がつくと冬になっているという感じがします。10月はその「ああ秋だ」という感じのする月です。夏が好きで、秋は落ち込むというひともいますが、そういうときは道端の草木を目に留めてみてください。けっこう、秋もいいものだという気がしてきます。


鎌倉の秋は、だいたい叢(くさむら)からやってきます。難しい漢字ですが、よい字なのでお見知り置きください。かつて、鎌倉の山がおおかた松林だったころ、おそらくススキの原がそこかしこに広がり、傍らには種々の草が絡み合う叢がたくさんあったと考えられます。そういう名残が今も各地に残っています。

例えば、市の花となっているリンドウ。自生はほとんど見かけませんが、寺社に数多く植えられています。また、鎌倉のリンドウを守ろうと増殖していらっしゃる方もおられます。自生している場所があったら、ぜひお知らせください! 個人的には覚園寺のものが印象に残っています。

茎がしなやかでなよなよとして他の草にしなだれかかるように生えますが、鮮やかで雅やかな青は並ぶものがありません。螺旋状に閉じている蕾も美しく、晴れ間にだけ咲く性質があります。

michikusa1310a.jpg

リンドウ Gentiana scabra var. buergeri リンドウ科 多年草


リンドウよりも、宝石のように透明感のある青が印象的なのはヤマトリカブトです。こちらも叢でほかの草に寄りかかるように咲きます。森の途切れるやや明るい場所を好み、鎌倉では山道に沿って点々と見かけます。

よく知られているように猛毒ですが、触ったくらいではまったく問題ありません。名前の通り、兜のような形は面白く、時折白みが強い花も見かけます。甲斐甲斐しくハナバチの類が蜜を集めているようすもかわいらしいものです。

michikusa1310b.jpg

ヤマトリカブト Aconitum japonicum キンポウゲ科 多年草


リンドウが雅な青、トリカブトが宝石のような青としたら、すこし派手めな舞台衣装のような色合いの青はナンテンハギの花です。萩というと、10月はもう豆果ができていて終わりの花ですが、このナンテンハギだけは一足遅れて咲きます。きつめの青も、大御所の風格といったところ。それからほんとうは萩ではなく空豆の仲間です。

よく草刈りされた明るい芝地のような場所に自生し、少しだけ日陰を好む前述の2種に比べ、翳りはじめた秋の陽を全身で浴びてやろうという力強い緑に、いつもはっとさせられます。

michikusa1310c.jpg

ナンテンハギ Vicia unijuga マメ科 多年草


ほんの7,8年前ですが、鎌倉で働きはじめたころ、バスに乗って散在ガ池森林公園に行きました。降りた瞬間、「お前、よく来たな」とばかりにドスの利いた青で出迎えてくれたのがナンテンハギでした。なので、この花を見るといつもその時のことを思い出します。リンドウもヤマトリカブトも鎌倉らしい花ではあるのですが、僕にとって、きっとナンテンハギの青が「鎌倉」であり続けるのだろうと思います。

次回は、たぶん冷気と木々が織りなす美しさについて


(清右衛門)2013年10月

四季の草花や木について、通称「みちくさ部長」清右衛門が移住者の視点からご案内。鎌倉らしさを探究していきます。

▽北鎌倉たからの庭 みちくさ部
http://takaranoniwa.com/program/workshop/michikusa.html

2013/10/30

「神無月の精進料理」

131009a.jpg

10月は少し紅葉してきたかなーといった景色を意識し、ちらほら柿や人参でオレンジ系を入れつつ、献立を立てました。
茶の湯では(風炉の)名残月でもありますので、メインはもちろん旬の栗や茄子、柿ですが、夏のお野菜の獅子唐などをちょっと使ってみました。またナッツなど実も秋を表現するのにいいですね。おかべにぱらぱらと香ばしくいり揚げたものをトッピングしました。

1. 焼き栗ごはん 2. 泥亀汁 3. 糸こんにゃくと獅子唐のきんぴら 4. おかべのクルミ餡かけ 5. 凍み蒟蒻(しみこんにゃく)と長芋と柿の山葵和え

1.焼き栗ごはん
普通は栗は明礬(みょうばん)などを使って形崩れを防ぎますが、焼いて表面を固めて型崩れを防いでいます。また焼いた香ばしさと焼き目が視覚的にも風情がありますよね。

材料:米2C、昆布だし450cc、みりん大1、酒大1、塩小1/2、栗300g程度、ごま塩適宜

1)米はといで笊にあげておく。
2)栗は鬼皮と渋皮を包丁でむく。
3)バーナーで焼いて、軽く焼き色をつけてから4〜6等分にする。
4)3を米とともに釜に入れ、水加減をして炊く
5)10分むらしたら、天地返しし、もりつけ、ごま塩をふって食す。
 
131009b.jpg


2.泥亀汁
包丁で切り込みを入れた茄子が、泥の中の亀の甲羅のように見えます。滋賀県の郷土料理をアレンジしました。現地では胡麻をいれてどろっとさせます。なるべく亀の甲羅に似せようと、十日町の梵天丸茄子を使いました。

材料:茄子 各1/4個、三つ葉適宜、出汁3C、信州味噌40〜50g

1)なすは1/4に切り、格子に大きく包丁目を入れ、水に放つ。
2)三つ葉は1cmにざく切。
3)出汁を温め、なすを煮て、味噌を溶き、三つ葉をのせる。

131009c.jpg


3.糸こんにゃくと獅子唐のきんぴら
普通は砂糖と醤油で作りますが、私は淡口醤油と味醂で、色をきれいに生かしました。獅子唐のかわりに万願寺、なければ人参などでも可。

材料:糸こんにゃく1P、獅子唐4〜5本、胡麻油適宜、酒・淡口醤油 各小2程度、七味

1)糸こんにゃくは湯がいて、食べやすい大きさに切っておく。
2)獅子唐は、斜めに4等分ぐらいにしておく。
3)鍋にごま油を敷き、1と2を炒め、獅子唐がしんなりしてきたら、酒と淡口醤油で調味する。


4.おかべのクルミ餡かけ
宮中や院に仕える女房たちが使った"女房ことば"で言う「おかべ」とは、「豆腐」のこと。白壁に似ているところから呼び始めたようです。漬け地を鼈甲餡に使うことによって、豆腐の旨みも生きています。

材料:木綿豆腐 各1/6丁、漬け汁(みりん・醤油・酒 各大2)、油適宜、胡桃各1個、人参10cm、軸三つ葉各1本、餡(出汁1/2C、豆腐の浸し汁、片栗粉大1)

1)豆腐は軽く重石をのせて水分を抜き、6等分にして10分漬け汁につける。
131009d.jpg

2)胡桃は、大2の油で煎って揚げ、同じフライパンで豆腐を焼く。
3)人参は10cmの長さ、1cm程度の幅に切り、水でゆでて、水にとっておく。
4)三つ葉も軸のみゆでて、水にとっておく。
5)豆腐の漬け汁に出汁を加え、1/2Cにし、片栗粉でとろみをつける。
6)焼いた豆腐の上に、餡をかけ、その上に人参、軸三つ葉を乗せ、砕いた胡桃をトッピングする。
131009f.jpg


5.凍み蒟蒻と長芋 柿の山葵和え
茨城県の県北に位置する奥久慈地方で江戸時代から作り継がれている伝統食品「凍み蒟蒻」。いわば、こんにゃくの乾燥商品で、茨城県の奥久慈地方の名産品ですが、いまや3軒の生産者を残すだけとなってしまいました。晩生の枝豆は旨みが強く美味しいですね。枝豆、凍み蒟蒻、長芋、柿と、全部食感の違うものを組み合わせるというもの楽しいです。もちろんちゃんと美味しくなってないといけませんが・・・。

材料:長芋10cm(たて塩)、凍み蒟蒻2枚(出汁1/2C、淡口・みりん 各小1)、柿1個、山葵衣(出汁1/4C、塩 小1/4、みりん・淡口・山葵 各小1/2)、枝豆少々

1)長芋は皮を剥き、5mmの厚さに切って四方を落とし、ぬるま湯でぬめりを落としてから昆布を入れた立て塩で下味を漬ける。
2)凍み蒟蒻はぬるま湯で1時間以上戻してから塩もみしてよく洗い、分量の煮汁で煮含めて、短冊に切っておく。
3)柿は皮をむき、短冊に切っておく。
4)1.2.3を山葵で和え、枝豆を飾る。

131009g.jpg


レシピ&原稿:温石会 入江亮子
(北鎌倉たからの庭<旬を楽しむ精進料理> 10月の献立より)

2013/10/24

「光明寺のお十夜(おじゅうや)」

夏、空が青いと、上下の感覚がなくなって転びそうになる瞬間があります。強い色彩が視界全体を覆うと、現実感や重力を見失ってしまうようです。秋真っただ中の10月13日に、その感覚に襲われるとは思いもしませんでした。夏が帰ってきたような暑さと晴天は、その数日後にやって来る巨大台風などまるで想像させませんでした。

出かけた先は、光明寺です。毎年秋に恒例の「お十夜」が始まったので、気まぐれに昼のお寺さんの感じを観に行こうと。(気まぐれに、と言ったのは、私にとって「お十夜」は夜に出かけるものだからです。その理由は後ほど。)

光明寺の「お十夜(おじゅうや)」。正式には「十夜法要会」といいます。それは何かというと、光明寺さんのHPから抜粋します...「十夜法要会・・・当山第九世観誉祐崇上人が、後土御門天皇の勅命により明応四年(1495)清涼殿において引声阿弥陀経・引声念仏による法要を勤修したことで、十夜法要をつとめることが許されました。十月十二日より十五日に至る間、盛大に行われています。沿道には植木店や露天など並び、堂の内外は、参拝の人の群れでうずまります。」ということです。「お十夜」の期間には、さまざまな法要が行われます。

13ojuya001.jpg


そもそも「十夜法要」とは、10月から11月にかけて全国の浄土宗寺院でひろく行われる「念仏会(ねんぶつえ)」です。浄土宗でのお十夜は、明応4年(1495)、何を隠そうここ浄土宗大本山・鎌倉光明寺が始まりであるとのことです。

13ojuya009.jpg


とても清らかしい日であるのですが、庶民としては真逆と言っていい、異なる楽しみがあります。それが、前述した、夜の「お十夜」です。


これが、夜の「お十夜」です。

13ojuya002.jpg


縁日です。やきそば、たこやき、おでん、大判焼き、たいやき、ベビーカステラ、バナナチョコ、フルーツ水飴、フランクフルト、お好み焼き、いかやき、もっちりボール、やきとり、タピオカジュース、ホルモン焼き、ビール、ビール、そしてビール、です。

屋台はバス通りの入口付近から境内を貫き、本堂手前まで隙間なく立ち並びます。夜のお寺の境内でビール片手に近所の友達と下世話な話で盛り上げる行為というのは、法要に明け暮れるお坊様方の清らかしい行いとはあまりにかけ離れているせいか、うしろめたさのかけらもありません。つくづく自分が残念な人間であることに開き直る年中行事です。その姿はお見せできる代物ではないので、話は昼間に戻ります。


13ojuya003.jpg

さて、昼間はまだ来る夜の宴のための準備中という感じで、屋台で売るおにいさんおねえさん方も、のんびりと世間話なんかして笑いながらそれぞれが自分の出店の支度を行っています。


13ojuya004.jpg

上の写真の正面に見えるのが、かの鎌倉の寺院の門としては最大の格式を備えたという光明寺の山門です。間口約16メートル、奥行き約7メートル、高さ約20メートル。高台から鎌倉の海を眺めた時に、その海岸線の右端に見える「何やら大きくて立派なもの」が、この山門です。
ふだんこの山門の内部に入ることはできません。しかし、「十夜法要」の時だけ、拝観料300円を払って入ることができます。


13ojuya005.jpg

昇り下りする階段は「頭上注意」の紙が邪魔で仕方がないほど低いです。背が高い人間はそれを知っていながらそれでも必ず頭をぶつけます。あれは決して笑いをとろうとしているわけではありません。どうしていつもそうなるのか、知っている人がいたら教えてほしいものだ。などと考えていたら案の定頭をぶつけます。
山門内の二階に上がると、釈迦三尊・四天王・十六羅漢が祀られています。写真は撮りましたが、お見せしないことにしました。来年のお十夜でお会いしましょう。

そんな二階からは、素晴らしい景色が楽しめます。

本堂側。

13ojuya006.jpg


そしてこっちが本堂側と逆になる、海側です。

13ojuya007.jpg

手前が材木座海岸、その右奥が由比ヶ浜海岸。海岸に沿ってずーっと左まで行った突端の稲村ヶ崎まで一望です。


海が青い...こんなところでまた上下感覚を失い地面に落ちたら大変なので、そそくさと山門を下りて、バス通りに行ってみます。
バス通りに出ると、寂しいことに、かつて隆盛を極めたというお十夜名物の植木屋さんの連なりというのは、今はもうすっかりなくり、出店はたったの一軒だけでした。お店のおばちゃんに聞いてみると、親切に教えてくれました。「今はこの辺のお家もみんな駐車場を持つでしょ。車が出入りする場所には出店許可が下りないのよ。」なるほど、と思いました。「それからね、昔ほど儲からない。」そうですか、と言いました。

昼間の「お十夜」は、こんな感じでとてものどかです。来るべき夜の宴に力を貯め込んでいる、そんな感じでしょうか。それはそれでなんだかいい感じです。

「私の家は、光明寺の裏の辺りです。」というと、たいていの地元の人ならなんとなくどの辺りかがわかります。近所だし、また以前に家族だった猫もここで眠っていることもあり、とても親近感を感じます。何より「光明寺」という名前が、お寺としてとても「ナイスガイ」な感じがして好きです。名前に偽りはなく、門前が「パーン!」と海、というこのお寺は、いつも光に満ち満ちていて、深山幽谷にあるお寺とは対象的に、「パーン!」と開放的なのです。ビーサンつっかけて材木座海岸に行って、バニーで弁当を買って、その足でふらっと寺住まいの人慣れした猫でも撫でに行ってあげてください。ビーサンが似合うナイスガイな寺、光明寺へ。


13ojuya008.jpg

ボンズくん「材木座海岸です。指宿じゃないですよ。」

(Kou)


2013/10/23

「秋の味覚・・栗!」

1310kuri01.jpg

秋になると鎌倉はいろんなものが落ちてきます。
ドングリ、銀杏、キンモクセイの花、
そして、食いしん坊のボンズくんも大好きな栗!

山際を歩いていて、落ちてる栗のイガを踏んずけて、イテテテ・・なんてことも。
でも、中にきれいな栗が入った状態のものはなかなかゲットできません。
人間が見つける前に、山の動物たちが食べてしまうのかなー。


1310kuri02.jpg

お庭に栗の木があるおうちから、
こんないただきものをすることもあります。
おいしそー!
さっそく大好物の栗ごはんに♡


1310kuri03.jpg

精進料理の入江亮子先生におしえていただきました。
栗はここをまずカットして剥くと早いそうです。
鬼皮と渋皮剥きを爪でやってみたけど、途中でギブアップ。
包丁を使って剥いていきます。
・・・なかなか大変(- -;)
でも、美味しい栗ごはんのためにがんばるぞー!


1310kuri04.jpg

お米と昆布のだし汁といっしょにお釜に入れて炊きました。
こういうご飯は、やっぱりお釜でたくのが美味しそう。
羽釜を使って、強火→中火→弱火で10分ちょっと。
さらに蒸らして、ふっくら炊きあがり〜♡


1310kurie.jpg

胡麻をふって、できあがりです!
あつあつホクホクでいただくのもいいけど、
お弁当にして、冷めた栗ごはんも美味しいですよねー。

今年も鎌倉の秋をいただきました。
ごちそうさまでした(^人^)


(mica & kayo)

2013/10/22

「かきねの、かきねの。 #2. 浄妙寺あたり」

かきねの、かきねの、曲がり角~♬

町の風情を作り出すファクターはもろもろありますが、市街地におけるソレのうち、外と内を隔てる境界に存在する垣根や塀、および其処に付随する門などが醸し出す雰囲気は、極めて重要かつ大きな部分を占めるものと思われます。
都会ではすでにその多くが失われてつつある現代ではありますが、鎌倉には、今でもまだたくさんの魅力的なそれらを目にする事ができます。

このシリーズでは、こうした鎌倉で見かける事の出来るステキな垣根や塀、および門などをエリアごとにメデルポイント等も加えてご紹介をし、その芳しき世界をみなさまと共に味わい、愛でて参りたいと思います。
(みなさまからの御選奨も絶賛受付ちう)
*メデルポイントとは、筆者が独断で"こりゃ愛でなくちゃいかん"、"愛おしいっ"と感じ入るポイントのことです。




さて、前回に続いて、浄妙寺あたりの散策をご一緒いたしましょう。
角もだいぶん曲がり、歩みを進めて参りました。

そして。

すばらしき門三連発、です。いや、この曲がり角はすばらしいですね。
てんこ盛りです。鎌倉在住の方には、比較的当たり前な風景かもしれませんが、この門 - と言っても屋根を冠した木戸門が、ごく普通に町中に散見できるというのはすばらしい日常なのであります。都心からやってきた友人などは、ほええ~と感心しきりです。




lot_005.jpg
Lot#005

こちらは比較的新しいもののようですが、その新しさと角格子戸のカジュアルさが、塀下部に交差に積まれた大谷石でしょうか、やや大きめの土台石や意匠に配した巨石の堅牢さと相まって絶妙なバランスを醸し出しています。




lot_006.jpg
Lot#006

そして、すぐ近くのこちら。柔らかいひよこ色の壁面でありながら、ちょっと奥まっての木戸門に安心安全の無双戸が据えられ、物腰柔らかなのにガードがっちりな良家の子女的気高さを感じます。




lot_007.jpglot_007a.jpg
Lot#007

かわって、こちらは上品な雰囲気の縦格子の戸がついた門です。

こちらのメデルポイントと致しましては、建仁寺垣をアレンジしたものでしょうか、門へ続く塀の竹のスッとした縦のラインと門の縦格子がシンクロして放つ、洗練の雰囲気です。
立ち上がりの土台石も努々ただのブロックではありません。スッキリとした縦横比の表面に細かな波状の模様が洗練度を盛り上げています。




lot_008.jpg
Lot#008

さて、ちょっと谷戸のほうへ回ってみましょう。

こちらは、THE建仁寺垣ですね。美しいです。立ち上がりの部分をご覧下さい。谷戸はちょっと訪れただけで、なんとなくひんやりした空気を感じるものですが、植生は正確で、この辺りは水分と陰を好む植物がグッと増えてきます。

このような土地の家屋の塀の土台にこうした植物が繁茂している様は、まことに谷戸らしい風情を感じさせてくれるものです。

こちらのメデルポイントと致しましては、横に渡した割竹の並びをご覧下さい。ちょうど1本分ずつ程ズレています。これも通りの坂道から眺めた折りの美しさを配慮した、親方のこだわりでありましょう。




lot_009.jpg
Lot#009

スゴいです。石垣です。ブロック積むのと訳が違います。こんな大きな石、運んでくるだけでも大変なのに積むんですからね。サイズばらばらなのを。
いまはもうあまりやらないのではないでしょうか。。。

ここも、谷戸らしく岩間の間からシダや岩タバコが生え、彩りを加えています。覆い尽くされないように、ほどほどの手入れをされ見せてくれる姿には、"生きている壁"という強いメッセージを感じます。(続く)


(rica)

2013/10/20

「ComoriB*ComoreB 店長 高橋佳子さん」

comoriB01.jpg

鎌倉駅西口から徒歩5分ほど。
御成通り、パンダバルの隣に10/7にオープンしたComoriB*ComoreB×みんなのslow cafe。
(コモリビ*コモレビと読みます)
店長の高橋佳子(よしこ)さんです。

長らく福祉の現場を体験し、
その後、手仕事の雑貨やフェアトレードものなどのWEBショップの運営を経て、
このたび初めて実店舗をオープンされました。

誰もがほっとできるような空間、
老若男女を問わず、みんなの居場所になるようなスペースを作りたいとおっしゃっています。


comoriB02.jpg

そんな高橋さんの思いがカタチになったお店は
とっても明るくて広い間口が特徴。
入りやすいので、観光の方はもちろん、地元の方もたくさんお見えになります。


comoriB03.jpg

実はこちらに、ボンズくんグッズを置いていただいています。
手拭、缶バッチ、グリーンスティック。
そして作家ものの、ボンズくんアロマタイルとボンズくん消しゴムハンコ。
新しく、北鎌倉燻煙工房の「燻煙旨醤油」も仲間入りしました。

何か、鎌倉のお土産になるような商品を・・
と探していた高橋さんのお眼鏡に見事かなったボンズくん。
たくさんの方に、気軽に手に取っていただけるのは嬉しいですね。


comoriB04.jpg

今日はたまたま、鎌倉が誇るスパイス番長こと、バラッツさんが打ち合わせに来ていたので、ツーショットもパチリ。
こんな風に、店の奥のスペースは小さなカフェになっています。
今は簡単なドリンクだけですが、いずれ、バラッツさん仕込みの本格カレーが食べられる日が来るかも!?


comoriB05.jpg

いずれはお教室や講座の開催もしていきたいと語る高橋さん。
また、観光でいらした方にはお土産に、
地元の方には、ちょっとしたプレゼントに使えるような、
鎌倉の製品や食品も積極的に扱っていきたいとの嬉しいお話もいただきました。

高橋さんのあたたかいお人柄がそのまま伝わってくるような、
ホッとできるいいお店ですよ。
ぜひのぞいてみて下さい。

鎌倉市御成町5-41
0467-84-9786
不定休につき、ブログなどで営業日をご確認下さい
サイトは>>こちら

(kayo)

2013/10/12

「邦栄堂@若宮大路にボンズくんコーナーOPEN!!」

若宮大路を八幡様に向かって左手、
八幡様の鳥居のすぐ手前にある小さな本屋さんに
10月12日、鎌倉ボンズくんコーナーがデビューしました!

131012a.jpg

鎌倉文化人たち御用達の本屋さん、由緒ある邦栄堂さんです。
看板建築の店構えが、お店の歴史を物語っています。

131012c.jpg

八幡様から駅に向かって歩いてくると、この通り。
ボンズくんのウィンドーディスプレイが目に飛び込んできます。
今日もたくさんの方が
「鎌倉ボンズくんだって!(笑)」
「かわいい〜(・∀・)」
と足を停めてくださったり、写真撮って下さったり。


131012e.jpg

ウィンドーの中はこんな感じ。
ボンズくんと、鎌倉ゆかりの本が共存しています。
ちょっぴり秋の趣きで。
街をゆく人たちが、
ボンズくんを見て、あったかい楽しい気持ちになってくれたら嬉しいな。


131012f.jpg

お店の中に入ると、
一番手前にボンズくんコーナーをしつらえていただいてます。

日本の歴史や、芸術新潮や、文芸春秋に囲まれて、
ボンズくんも居心地良さそうです(笑)


131012g.jpg

一番最初に、こんなカワイイお客様にバッジを買っていただきました。
嬉しい〜×10!!
ずっとボンズくんのことが好きだったんだって。
ありがとー!


131012h.jpg

リュックの後ろで微笑むボンズくん。
かわいいぞー。
ボンズくんがずっと守ってあげるからね〜!

↑ページの先頭へ戻る

鎌倉のたか 
ら探し

  • 祈
  • 恵
  • 人
  • 智
  • 町
  • 食
  • 菜
  • 甘