2013年4月の記事一覧

2013/04/29

「四国八十八ヶ所霊場巡礼記 @東京② 合掌」

道路が整備された今でも、
歩けば40日以上の道のりで*1

昔は道中の危険から
命がけでもあった“お遍路さん”。

女人禁制の寺も多くて
女性のお遍路さんは、入山が許されない寺を
遠い岬の先端から見て拝んだ … *2

という過酷な歴史を思うと 、

東京駅の新しいビルの4階で、
七十七年ぶりの出開帳となった
八十八体の仏さまを拝むことができ、

老若男女誰もが、たった1日で巡礼できる
「お遍路さん in 丸の内」なんて対極です!

Shikoku_map
四国八十八霊場の地図 四国八十八霊場会HPより 

生涯を通じて、さまざまな奇跡を起こした
と伝えられている、空海。*3

多くはおとぎ話のようだけれど、

今も実在するプロデュース作品
立体曼荼羅”を見ると*4

空海が、本当に常識はずれで、
人々をおどろかせ、ワクワクさせる
天才だったことが想像できます。

東京駅のお遍路さんも、
そんな空海のDNAが起こしてくれた

8日間の奇跡”?!

そんな風に考えると、ワクワクします。
Ekichoshitsu

会場の前に到着すると、
時間制入場で、長い行列ができていました。

人はどんどん増えてきて、同行者を残して出入りしたり、
ワレ先に!ワレ前に!と~じわじわ押す人もあって
熱気と煩悩がムンムン…落ち着かない雰囲気です。

すると、熱気の向かう先、列の先頭の前に
一人のお坊さまが立たれて、お話をはじめました。

 「拝む時に、手はどうしますか?

  シワとシワを合わせて
  シアワセ~

  でも、フシとフシを合わせると
  フシアワセ~

  だから、右手を上に、
  左右ちょっとずらして指を組む。

  すると、金剛石…

  金剛石は知ってますか?」

 「ダイヤモンド~!」(と60代くらいの女の人たちが元気に)

 「そう、
  こうして組むと

  ダイヤモンドのようにカタく
  はずれにくくなって
 
  カタイ信仰につながる、
  これが金剛合掌。」*5


軽妙な語りに吸い寄せられて、
心の準備がはじまります。

まるで試合場へ飛び出す前の選手を落ち着かせ
静かな奮起をよびおこす監督のよう…

そして

いよいよ順番が巡って来ました。
一歩足を踏み入れると
会場は、とてもいい香りに包まれています。

 (つづく)
こうやくん
空海が創建した高野山金剛峯寺をアピールする「こうやくん」!
やわらかい印象ですが、仏さまへの心はきっとダイヤモンド。
------------------------------------------
*1
“お遍路さん”の四国八十八カ所の霊場は、第一番札所の霊山寺から~第八十八番所の大窪寺まで、もし番号順に巡るなら、徳島県からスタートして、ほぼ四国の輪郭に沿ってぐるぐるっと一周する。高知県は四国南端の室戸岬や足摺岬にまで。愛媛県は宇和島や今治、香川県は瀬戸大橋の起点となっている坂出や高松といった町にも巡礼の道はつづいて、その全ルートは36里(約1460km)。現代の整備された道があっても、歩けば大人の男の人の足で40日以上かかる道のりである。

*2
第24番札所 高知県室戸山 明星院 最御崎寺(ほつみさきじ)の記録より。真言密教の道場で、女人禁制とされていた。明治5年に、解禁。空海の苦行を伝える洞窟が残されていて、悟りをひらいた地ともいわれる。本尊は虚空蔵菩薩。

*3
空海にまつわる伝説は、日本各地に残されていて、その数3000とも5000ともいわれる。「応天門」に掲げられた額の文字に「応」の字の「点」を書き忘れたことに気づいたが、筆を投げつけて書き直した、修行中に尋ねてきた母を雨から守るために巨岩をひねって雨よけにした、といったことから、疫病の退散、雨乞い、水銀の鉱脈・温泉の発見…etc.etc. 空海によって発見されたとする温泉(開湯伝説)は、北は福島・長野、南は熊本・長崎に至るまで。空海は、唐で薬学や土木も学んでいたため、当時の常人では考えられないことを多々行い、伝説の元となり広がっていったとも考えられる。

*4
言葉では説明しきれない密教の世界は、美しい曼荼羅図で表現される。しかしそれも、難解・高尚な雰囲気で、親しみやすいものではない。空海は、その視覚的な表現をさらに進めて、世界初の“3D Mandara”=21体の仏像による羯磨曼荼羅(かつままんだら)=“立体曼荼羅 ”を製作総指揮。宇宙の中心に大日如来があるように、東寺の講堂の中心に大日如来像を置き、そのまわりに、喜怒哀楽、さまざまな表情を持つ仏さまが、異国情緒たっぷりの動物たちに乗ったり、激しいポーズをとったり、摩訶不思議なチカラを今にも及ぼしそうな劇的な演出である。知識がなくても、誰もが惹きつけられるようなエンターテイメント性にも溢れていて、圧巻。空海は、前代未聞の名プロデューサーだったと考えられる。

*5
金剛合掌とは、主に真言宗で用いられる合掌の仕方。「金剛合掌」「金剛峯寺」「金剛界曼荼羅」「金剛杖」~と真言宗では「金剛」にまつわるものが多い。金剛界曼荼羅は、世界を二つの曼荼羅(両界曼荼羅)で表すうちの一つで、大日如来の知恵が金剛=ダイヤモンドのように強いこと、精神的な世界『知恵』を表している。もう一つは、人の心の中にある“悟り”を開く種を、大日如来が守り育てていく様子、現象的な世界『理』を表した“胎藏曼荼羅”である。
Ofudabonz2_3
こうやくんに、会いたいなあ!

2013/04/29

「四国八十八カ所霊場巡礼記 @東京① いざ!」

来年2014年は、

平安時代に仏教のすそ野を大きく広げた
空海(弘法大師さま)が *1、四国を巡り歩き、
八十八カ所の霊場を開いたとされる年(815年)から
1200年目を迎えます。*2

この記念すべき節目に、八十八ヶ所霊場の
寺院が協力し、今年から来年にかけて
さまざまなが記念事業が企画されています。

その一つとして、
なかなかお遍路さんに行けない
日本各地の人々のための“お砂踏み*3 が開催。
しかもその際に、ご本尊の木像の仏さまにも
拝顔できる(=出開帳*4)が実現。

八十八体のご本尊が一緒に揃って出開帳となるのは、
実に七十七年ぶりのことです!

東京にも約一週間のご滞在~
1200_12_1

4月18日~25日、東京駅のJPタワーで
『1日で巡るお遍路さん in丸の内』として開催されました!

唐で学んだ空海は
日本に本格的な密教*5を伝え、真言宗を創設。

真言宗は、鎌倉幕府と大変ゆかりの深い宗派であり*6
四国八十八ヶ所は、大きな大きな祈りの舞台。

1200年も受け継がれてきた“祈りのカタチ”を
ギュウウッと濃縮して体験できるこのチャンス。

これを逃せば、次の機会は七十七年後、
いえ1200年後かもしれません。

弘法大師像
 
江戸の元禄時代のお遍路さん。西林寺藏 1690年刊行の版本

…と思い立ったら“いざ、鎌倉”ならぬ“いざ、東京駅”!
“東京のお遍路さん”に出発しました。

 (つづく)

--------------------------------------------------

*1
空海:774年-835年 
「弘法大師」は、
没後921年に醍醐天皇により賜った名=諡号(しごう)
讃岐国(現 香川県)の地方役人“郡司”であった父のもとに生まれる。
大変な勉強家で、京で大学に入り儒教・道教・仏教を学ぶが満足できずに中退。記録には残らないナゾの空白十数年の間に、さらに吉野や四国の山で山岳修行を行ったり、空と海だけを見ながら厳しい修行をつづけたといわれている。804年には、無名の一遣唐使として唐時代の中国に渡り、長安で、当時隆盛であった“中国密教”の第一人者恵果に師事。その後、土木や薬学なども学び、806年に帰国。本格的な密教を身につけた空海は、先に帰国した最澄の天台宗の枠におさまらず、真言宗を開く。(先輩として京で空海をサポートした最澄は、密教に関しては逆に空海に教えを受けている。また最澄は密教を含めた仏教をすべて総合的に体系化しようとしていたことから、立場が異なっていく。)816年に高野山金剛峯寺(こんごうぶじ)が修禅の道場として認められ、のちさらに真言密教の道場として賜った東寺とともに、真言宗の拠り所となった。

弘法大師像
弘法大師 (四国八十八箇所霊場会藏)
四国八十八箇所霊場会HPより

最澄とともに、空海の実践した仏教は、都市部の“国家権力者”だけのものだった奈良時代の仏教(奈良仏教)を、地域的にも心情的にも、広く民衆へ裾野をのばしていく基盤を作ったといえる(平安仏教)。またカリグラファー(書道家)としても天才的で、美文字の能書家“三筆”の一人として、日本文化に与えてきた影響力も、現代までつづいている。

*2
若き空海が四国での修行時代に巡ったゆかりの地を、『四国八十八カ所』の霊場として、後に修行僧がその足跡を辿るようになったことから確立。江戸時代には、庶民も信仰や願掛けから霊場を巡るようになり、その巡礼を“遍路”、巡礼者を“お遍路さん”と呼ぶようになった。お遍路さんの白装束は、どこで倒れても弘法大師のもとへ行けるようにという死装束で、現在のように交通路も開かれていない時代は過酷な道であったことを示しています。

*3
“お砂踏み”とは、
四国八十八カ所霊場それぞれの“お砂”を集め、踏みながらお参りすること。“お砂”を札所と考え、実際にお遍路をしたことと同じご利益があるとされている。ふつう“お砂踏み”は“お砂”と掛け軸のご本尊で行われるため、木像のご本尊が拝顔できる“お砂踏み”は大変貴重な機会。

*4
“出開帳”
いつもは帳とばりが閉じられ拝顔できない仏さまが、一般の人ともご縁を結べるように(=結縁けちえん)特別の機会に、帳を開いて拝顔できるようにすることを“開帳”、ご本尊の仏さまが、お膝元の寺院を離れて、拝顔できるようにすることを“出開帳”という。

*5
「密教」は、文字通りヒミツの仏教で、宇宙の中心とされる大日如来の教え。なかなか姿を顕さず、ふつうの文字や言葉では表現できない、真理そのもの。通常の理解を超えた“仏の悟り(覚り)”を伝えるもの。さらに、その悟りの継承は、師匠が弟子にのみ伝えるヒミツのものだ…という意味も込められている。日本の密教の代表は天台宗と真言宗で、天台宗を「天密」と呼び、真言宗を東寺から「東密」と呼ぶ。源流であるインドの密教は、7世紀半ば、ヒンドゥー教やイスラム教に押されて衰退していた仏教を再興するために、ヒンドゥー教の要素や、古代インドの呪文や呪術を取り込んだ一流派あったと考えられ、中国、日本へ伝わる間にその土地柄に合わせて変容・発展した。
「密教」に対して、お釈迦さまが人々にわかりやすいように説いた仏教を「顕教」と呼ぶ。
「真言」については、巡礼記④に記載。

*6
鎌倉時代、武士の思想や生活にまで
影響を与えた仏教の代表といえば「禅宗」。
一方、庶民の間では、やさしく極楽浄土を説いた「浄土宗」や
「浄土真宗」「日蓮宗」などが人気。
しかし、
源頼朝をはじめ幕府でリーダーとなった人々が、自分たちの
守護仏教として帰依していたのは密教、とくに「真言宗」でした。

Mikkyoposter
↑2011年秋に開催された鎌倉国宝館特別展のポスター

今では神社だけになってしまった“鶴岡八幡宮寺”とともに
鎌倉時代の三大寺社といわれた永福寺ようふくじ(復元中)
勝長寿院(現存せず)や、
覚園寺、明王院、浄明光寺、“極楽寺などが
その代表格です。

2013/04/26

「ゴールデンウィークの営業日?」

いよいよ明日から、
黄金週間ゴールデンウィーク。

今年のお天気は、
おでかけ日和が多い予想のようですね!

貞次郎商店さんは、
休日にあたる4月29日と5月6日は、OPEN
その代わり、それぞれの
翌日となる 4月30日と5月7日が、お休み
となりますのでご注意ください。

生ビールや、ソフトクリームが毎年大~人気ですが、
お土産に、ご自宅での楽しみに
ボンズくんをお店から連れ出してくださいね!

377230_480959441982262_1926248891_n

--DATA--------
◎貞次郎商店:鎌倉の老舗「井上蒲鉾店」が創業80周年を迎えた
       2011年12月 創業者“貞次郎”の名を冠してオープン。
phone:0467-24-9191 
open 10:00-18:00 月休(祝日の場合は翌日)
ガラス扉が閉まっていても、お隣の井上蒲鉾店に
スタッフの方がいらっしゃるので、お声かけください。
夕方は早めに閉めてしまうことがあります。

2013/04/20

「観○光 ART EXPO 2013 鎌倉展へ…」

「観○光かんひかり ART EXPO 」という
現代アートの博覧会が、明日21日まで
鎌倉時代創建の建長寺・円覚寺・浄智寺で開催されています。

「◯」は、仏教の教えである『円窓』で、
=心の中を見ること。

“美の宴をひらき、その「光」を
 心の中で捉え「観」て、未来へ引き継ごう”という志で

2009年から京都で始まったこの活動。
Poster2013

いくつもの「たからもの」がクロスする贅沢なコラボが
今年は3月の京都にひきつづき
4月鎌倉でも開催とあって、行かぬワケには参りません…

…と、その“現場”に一歩踏み入ると
ふだんは坐禅をする空間に、銀箔の玉を持つ大きな龍がうねり
Ryu

庵で待ち構えている人が透けていたり
Amishojo

ナゾの「ぴょっぴょろー」が藏で見つかったり
Siriagarikotobuki
 
陰と陽の美しいコントラストや
Inyo

新緑の庭も舞台となり
Artniwa

「古事記」のエネルギーが渦巻き
Kojiki

緻密な手仕事は昇華して
Byobu

今にも動き出しそうな息づかいに
Hanahana

闇の中から浮かび上がる足音
Ashioto

凛々しく、清々しく
Ririshiku_2

お江さんの門の前には
Namida

激しく泣いているヒトが…?
Namidaup

現代のアート作品が、
人々のさまざまな“思い”を何百年にも渡って繋ぎ、伝えてきた
お寺という空間置かれることで、

伝統と未来、重さと軽さ、疑問符?と感嘆符!
シリアスとユーモア…さまざまな要素が交錯していきます。

鎌倉では、これら一つ一つ至近距離で対峙することができ、
濃密な時間を過ごせるところが魅力です。

ここではお伝えしきれない作品の
全アーティストのお名前は、こちらをご参照ください。
Botan
瓜南直子・加藤康景、故人となってしまったお二人の
作品の「光」はいつまでもつづきます。合掌

*写真は、その場に立ち会われていらっしゃる関係者や
 鎌倉ガーディアンズの方の許可をいただき撮影しました。
 有り難うございました。
 

2013/04/15

「鎌倉に咲く、春の花♪」

晴れた日の鎌倉は、
もう初夏を思わせる光でいっぱい。

鶴岡八幡宮の表参道、若宮大路の中央にのびる段葛も、
桜の花から若葉へと季節がうつり、ツツジが満開です。

Tsutsuji
昨日14日は、21日の流鏑馬神事まで一週間つづく
『鎌倉まつり』の第一日。

この段葛のヨコをミス鎌倉etc.がパレードし、
八幡さまでは、「静の舞」が奉納されました。
にぎやかで華やかな境内と対照的に、切ない舞い。

さらに鎌倉の一歩奥へ、
お寺や山に足を踏み入れてみると
いつもは慎ましい草木たちが、
一斉にかわいい花を咲かせています!

たとえば、ボンズくんとゆかりの深いたからの庭には…

Shage
小さな菖蒲のように、凛と伸びるシャガ

Hananira
かたわらにはハナニラや
Hebiichigo
ヘビイチゴ黄色バージョン
Ooinufuguri
小さなオオイヌノフグリもいっぱい。

Hanadaikon
そしてこれは、諸葛根、別名 花だいこん

カタチも色もさまざまな野の花が
あちこちに群生していて
足元が、小さな光で明るくなったよう。

地上の星を花という
…宮沢賢治さん、まさにこのことですね。

Bonztampopo_6
 皆さんは、どんな花が好きですか?ぼくは…

「雑草」なんてひとくくりに
呼ばれてしまうのがもったいない!
道ばたのタンポポも、
春の道を 照らしてくれているようです。


2013/04/08

「建長寺の「花祭り法要」へ。」

今日4月8日は、お釈迦さまの誕生日。
なんと、今年はご生誕から2636年目とのこと!*1

鎌倉でも、お寺のあちこちで
お誕生祝いの法要「花祭り」=降誕会
または灌仏会(ごうたんえ/かんぶつえ)が行われました。

Kenchojibonz
建長寺さんでは、
境内に入るとすぐに、
甘茶をふるまっていただきました。

とっても甘くておいしい
何も加えず、ただ、この茶葉で入れるのだそう。

Amacha
 ふしぎなくらい! 甘くておいしいです!

つづいて、花で飾られた小さな御堂の
小さなお釈迦さまに、甘茶をかけます。*2

579595_450911691653559_714331685_n

御姿が小さいので、
建長寺さんのご案内の写真でアップを…

Tanjo
「天上天下唯我独尊」のポーズ!*3

“フィーバーを彷彿としてしまう誕生仏像、
かわいくて元気な御姿です

やがて境内に音色の違う3つの梵鐘が
呼応するように打ち鳴らされ、
法要がはじまりました。

9988_450911571653571_715860753_n

法堂の前には、お参りの方が一輪ずつお供えした
竹の花器が。春らしい、はなやかな法要ですね。

Hanamatsuri

御堂の中は五色の幕で飾られ
中央に、今日はお釈迦さまの小さな「花御堂(はなみどう)」が
おかれています。

547388_450911581653570_23929941_n

湯気の上るお茶をたて、香木をお供えする。
一つ一つの動きに意味があり、とてもきれいです。
堂内に響きわたるお経とともに、
やわらかな香りが漂ってきます。

Guruguru

ソロのリードにつづいて、四十人以上ものお坊さまが、
いっせいに声を合わせてお経を唱えると、
圧倒されるような雰囲気に。

お一人ずつお釈迦さまに甘茶をかけて
御堂の中を一列になって、ぐるぐると廻られます。

時計回りにゆっくりした歩みでぐるぐる…
お経の一節が終わると立ち止まり、
そしてまた、ぐるぐる…立ち止まり…ぐるぐる…

163547_450911648320230_1753057244_n
西洋の賛美歌・聖歌が「和音」の響きであるならば、
お経は、それぞれの声の自然な重なりによる「不協和音」。
それがまた、神秘的で心地よいのです。

そして、
繰り返すこと~数十分にも感じられ、
太いロウソクの炎が、もう燃え尽きるかというくらい。

厳かに切り替わる静と動。立ちこめる香りの中で
左右に交錯していくお坊さまの列。
いくつもの波動からパワーが生まれ、
天井の龍の画にむかって、モクモクと立ちのぼっていくような、
不思議で感動的な時間でした!

Kenchojisanmonbonz
 お釈迦さま、お誕生日おめでとうございます!


ちょっと詳しく…

*1:お釈迦さま=釈迦牟尼(シャーキャ・ムニ)=シャーキャ族の
聖者。あらためてご紹介すると…人生における苦しみや悩みの
根本が“生老病死”にあると思いその解決のために29歳で出家。
苦行苦難の末に35歳ブッダ(仏陀)=「悟りを開き目覚めた人」
となって人々に教えを説き、「仏教」という宗教の形を開いた。
実在の人物であることが「人間には本来仏性が備わっている」
という仏教の本質になっています。本名ゴータマ・シッダールタ。

*2:お釈迦さまが生まれた時、9匹の龍が天から清らかな香湯を
注ぎ入浴させたという言い伝えから、花で飾った「花御堂」に
甘茶を入れた小さな桶と、その中央にお釈迦さまの生まれた時の
姿(誕生仏)の像を置き、小さな柄杓で像に甘茶をかけ(入浴さ
せて)お参りします。

*3:お釈迦さまは、母マーヤーの右脇から生まれ、すぐに 7歩
あるいて、右手で天を指し、左手で地を指して
「天上天下唯我独尊」
と言ったという伝説があり、誕生仏像はそのポーズをとっています。


↑ページの先頭へ戻る

鎌倉のたか 
ら探し

  • 祈
  • 恵
  • 人
  • 智
  • 町
  • 食
  • 菜
  • 甘