2013年1月の記事一覧

2013/01/29

「もなかに、ピンクと白が新登場!」

まだまだ風は冷たいけれど
夕方の明るい時間がのびてきましたね。

「あそこのお庭で梅の花が…」という声を聞いたり
春の姿が見つけられるようになってきた今日この頃、

ボンズくんは元気です!

もなかに、白のボンズくんもなかと、
ピンクのボンズくんもなかが、新登場♪

Kohaku_3

紅白で、合格や卒業のお祝いに
大切な愛のメッセージに
自分へのごほうびに~

さっそく、鎌倉駅前の貞次郎商店さんに
置いていただきました!!

5個入りの竹カゴのセットや、
4個~6個なら御箱もご用意できるので
お土産やご挨拶にどうぞ。

1359482149646.jpg

ご予約いただければ、
しっかりとした御箱に詰めて熨斗をかけ

1359482151434.jpg

数もいろいろ、
正式なお祝いや、引き出物のお菓子としても
御利用いただくことができます。

314721_300454080076517_1430133007_n
734511_300454060076519_1450879912_n


さてさて、ボンズくんが
こたつに入っているのは、いつまでかな…


--DATA--------
◎貞次郎商店:鎌倉の老舗「井上蒲鉾店」が創業80周年を迎えた
       2011年12月 創業者“貞次郎”の名を冠してオープン。
phone:0467-24-9191 
open 10:00-18:00 月休(祝日の場合は翌日)
ガラス扉が閉まっていても、お隣の井上蒲鉾店に
スタッフの方がいらっしゃるので、お声かけください。

◎「たからの庭」 ギャラリーでも、ご予約承ります。
 

2013/01/16

「「早春ぴあ 2013年号」に、掲載されました!」

昨年末に取材を受け、
現在発売中の『早春ぴあ-首都圏版』に、
鎌倉ボンズくんが、掲載されました。
祝!初雑誌取材&掲載

鎌倉名物最新グッズはコレ”というタイトルで

北鎌倉の「たからの庭」の代表選手として
ボンズくんのポストカード、手拭い、もなかと、
トートバッグをご紹介いただいています!

Photo

情報満載の誌面の中でも
ピカピカと(たぶんピカイチで)目立っています!
…と思うのは、贔屓目でしょうか?!
(このページの他にも一箇所、    ボンズくんがどこかに隠れていますよ♪)

雑誌全体は鎌倉特集ではないのですが
これをご覧になった方が
「ん?」
と目をとめて、

このサイトまで来てくださったり、
「たからの庭」をはじめ、ボンズくんゆかりの
お店や場所に足を運んでくださったり、
ボンズくんの姿を目にした時に
「あ!」と気づいてくださったり、

ここから何か連鎖がはじまってくれたら
うれしいですねーー

リンク張ってしまいます。
amazonではこちら
Piabook


--------------------------------------
DATA
「たからの庭」 ギャラリー
0467-25-5742
金土日10:30-16:00予定
月-木  10:30-14:30予定
荒天時などクローズ
不定期でお休みする場合があるので、
お出かけ前にお電話でご確認ください。

浄智寺さん横のゆるやかな坂を少しのぼり、
細いアプローチを入っていくと
車や電車の音も聞こえない、
谷戸のゆたかさに包まれた土地が広がります。

2
 写真↑は春です。

ギャラリーは、この中央に建つ古民家の中。
迷いやすいので、HPで地図をプリントしてお持ちになると安心です。
駐車場はありません。

ボンズくんの もなかを作ってくださっている
手毬さんの“にじてまり”や、敷地内にある陶芸の登り窯
(かつて、この地に住んでいた作家から受け継がれているもの)

Photo_2
で製作された器など、ボンズくんグッズの他にも、
「たからの庭」で活動されている作家さんの
さまざまな作品が小さな空間の中に並んでいます。


2013/01/14

「大雪の、2013成人の日」

今日は、成人の日*。
新成人になられた方、おめでとうございます!!

その成長を「たからもの」として見守り、
ずっと応援してきた方々にとっても
二十歳の晴れ姿は、感無量。
本当におめでとうございます。

これほど真っ白な雪に包まれるなんて
ますます記憶に深く刻まれる日になりましたね。

バクダン低気圧”という いかにも強そうな気象の働きで
鎌倉市には“大雪警報”“波浪注意報
さらに“暴風雪警報や“着雪注意報”まで発令されて

横須賀線や江ノ電も一時運行ストップ、
高速道路も軒並み通行止め。
歩くこともままならず、大変な思いをされた方も
多かったのではないでしょうか…

そんな中でもがんばる人間に
自然から贈られる
“ごほうび”があるとしたら、
それは、美しい雪景色かもしれません。

足元に落としていた視線をパッと上げると…

Niwainsnow

こちらは、北鎌倉の浄智寺さんの奥にある
「たからの庭」

まるで墨絵の世界…
きれいですーーー

「たからの庭」のギャラリーには、
ボンズくんのグッズが揃っていて
ご縁の深いところ。

…実は「たからの庭」に取材をいただき
現在発売中の『早春ぴあ』に
ボンズくんグッズが紹介されています!

また次回、詳しくご紹介しますね♪

Snowmikan
           鎌倉でカマクラ…?」

-------------------------------------------
オマケの話
*成人式のルーツについて*
現代の成人式の原点は、
平安時代のお公家さまが行った男子の“元服”、女子の“裳着
(もぎ)
にあるとも、鎌倉時代の武士の“元服”にあるともいわれています。
儀式として、男子は「元」=首・頭=髪を結い、
「服」をあらため=冠や烏帽子をかぶり
女子は「裳(も)」 といわれる後ろがプリーツスカートのような
衣装をつけるの基本形。

平安時代の男子は12~3歳、鎌倉時代になると15~6歳。
女子の裳着の儀式は、12~3歳頃。
室町時代以降は一般人にも普及して、“いつ”にするかは
各家によって決めたり、ヒトケタ~二十歳くらいまで幅がありました。
名前も“梵天丸”とカワイイ幼名をやめて
“伊達藤次郎政宗”とカッチョよい元服名(烏帽子名)に進化。

江戸時代になると
男子は前髪を剃って月代
(さかやき)にするだけで、
烏帽子は省かれるように。チョンマゲ頭の顕在化です。

(しかしかつて烏帽子は身につける衣服の最重要物で、
 人前でこれをカブらないというのは、
今でいうパンツを履いていないくらいに
 あり得ないことだったようです。)

女子も江戸時代以降「元服」と称するようになり、
髪型を丸髷に結ってお歯黒を付けたり、引眉したり。
結婚する時=元服という考えもあり、
ふだんから見た目でハッキリそれ以前と以後では
識別できるようにしたようです。

世界には、いつから“成人”とするか、さまざまな年齢があって
選挙権・結婚権・飲酒権なども、それぞれのお国柄が表れていて
こちらも調べていくとオモシロイのですが、、またの機会に~



2013/01/12

「“貞次郎”さんのお店の中は‥?」

ボンズくんの もなかを、
鎌倉駅エリアで唯一常時
ご購入いただけるお店、
「貞次郎商店」さん。

Okotamikan 
                『いつも有り難うございます。』

鎌倉在住の方にも、市外の方にも
もっと知っていただきたい“知る人ぞ知る”名店なので、
今日は、お店の中をご案内します!

Teijironorenjpg

暖簾の先には、
全国の職人さんが手塩にかけて
作った
選りすぐりの食材が並んでいます。

1357917540758.jpg

手前下段にあるのは、出雲の
伝統的な杉樽仕込みの醤油。
その奥には、

1357917546244.jpg

和歌山那智の丸正が作っている酢シリーズ
熊野の酢、すだちの昆布ポン酢、寿司の酢etc.

よく料理では『調味料はよいものを!』と
いわれますが、ただ『よいもの』といっても
何がよいかわからないし高級そうだし‥うーん

という時に、こちらのお店でまず何か1つ
選んでお使いになってみてはいかがでしょうか。
あれ?いつもより、なんだかおいしい~?!
の、“なんだか”をぐんとアップしてくれます。

ちなみに筆者の家では、丸正の橙ぽん酢(無添加)が
この冬お鍋や、ドレッシングに大活躍しています♪


美味しいだけでなく、無添加だったり、オーガニック、

無農薬など、カラダに安心な製法が多いので、

Kome_4

小さなお子さんのいらっしゃる方など
定期的にご来店されるお客さまもあるそうです。

プレゼントや、ちょっとした手みやげにも
いいですね!

それから、
貞次郎商店」さんのもう一つの特長は、
イートインができること。

鎌倉ビールや、梅ソーダ、イタリアのレモネードや
オーガニックコーラ
(海外のものも少し)
温かいコーヒーなど飲み物や、

  1357917535767.jpg

井上蒲鉾店の小判揚げなどをお出汁で煮た
アツアツおでんや、そぼろ弁当、

はたまた濃厚ソフトクリームが
お持ち帰りももちろん、その場でいただけます。

このあたりのラインナップは、某局長さんなど
ごひいき筋のの心をつかんでいるそうですよ。

小さなお店の中で、お気に入りを探し出すたのしみ
試してみてくださいね。

1357917530376.jpg

最後にやっぱり、ボンズくんも
どうぞよろしくお願いいたします!!

--DATA--------
◎貞次郎商店:鎌倉の老舗「井上蒲鉾店」が創業80周年を迎えた
       2011年12月 創業者“貞次郎”の名を冠してオープン。
phone:0467-24-9191 
open 10:00-18:00 月休(祝日の場合は翌日)
ガラス扉が閉まっていても、お隣の井上蒲鉾店に
スタッフの方がいらっしゃるので、お声かけください。
夕方は早めに閉めてしまうことがあります。

2013/01/09

「初詣の落とし物と、「拭う」さん♪」

鶴岡八幡宮へと
まっすぐつづく 表参道「若宮大路」。
その中央の段葛には、提灯の列が揺れています。

Dankazura_2

縮尺とラインが、まるで“遠近法”のお手本!

1357719484887.jpg

同じ提灯が夜になると、

1357808643134.jpg

光が灯って、浮かび上がります。

大晦日の夜、この段葛の道を
初詣にむかう大勢の人の列が
静かな熱気で埋め尽くし
少しずつ前に進んでいく光景は、
毎年のことながら、とても幻想的です‥

1357808648852.jpg

神奈川新聞湘南版によると、
ことしの八幡さまへの初詣について
こんなデータが出ているそうです。
正月三賀日の参拝客は250万人
この間、鎌倉警察署に届いた遺失物が221点
そのうち手袋が、昨年より12点多い、過去最多!の36点
(気温はほぼ平年並みだったのに、おっちょこちょい率が増えたのかな?)
内訳は、
 右手用20点
 左手用10点
 両手一式3点
 左右不明3点
このうち4点は持ち主に返却されたとのこと。
さすが鎌倉警察、細かい!

お賽銭といっしょに
手袋も向こう側に投げちゃったなあ
お賽銭をお財布から取り出した時にポトリ(こちらがふつう)
という方は
鎌倉警察署にお問合せの上
ぜひ現実世界に取り戻してください*。

そんな初詣の熱気を見守ってきた
「拭う」若宮大路店さんでは、

ボンズくんのディスプレイが、またすこし進化しましたよ。
立体的に見せてくださっています。

1357719506682.jpg

「拭う」さんに合わせて作ったPOPには、ヘビくんも‥

Nugooshop_2

「ボンズくん」という名前を初めて目にした
お客さまが、よく「ボンズ?」「ボウズでしょ!」と
やりとりされているそうです♪

-------------------------------------------
◎「拭う」若宮大路店のOPEN時間が
HPの情報から変わっているのでご注意ください。
平日11:00-18:00
土日祝10:00-18:00
phone 0467-22-5551
◎八幡さまでは、
14日(月)に“成人祭”が下拝殿で、
15日(火)朝7時には、お正月の注連飾りや門松などを
御焚き上げする“左義長神事”が源平池のほとりで
執り行われる予定です。
?八幡さまでの忘れ物*yahooニュースにも詳細


2013/01/05

「銭洗弁天への道に、「ツズル」さん…」

元旦&2日のポカポカ陽気から一転、
鎌倉は、キーンと冷たい空気が張っています。

2013年の干支は、巳=ヘビですが
Hebizaimoku_2
 
巳にゆかりの深い鎌倉の神社といえば、
まず、銭洗弁天さま。
銭洗弁財天宇賀福神社)

源頼朝が、
壇ノ浦の戦いで平氏を滅ぼしてからまだ間もない
巳年(1185年)の 巳の月(旧暦4月)巳の日に、
夢のお告げを受け、湧き水を祀ったことが
はじまりと伝えられていて
司っている神さまも、半分ヘビのようなお姿*

巳の日には、御利益が増すのだとか!
(今月は、3日、15日、27日)

鎌倉駅西口から、銭洗弁天さまに向かう道にあるのが、
TUZURU ツズルさんhttp://www.tuzuru-kamakura.com/top.htmlです。

1357365417153.jpg

すっきり直線的な黒い建物を入ると、

正面に、カラフルなポストカードの棚が
ボンズくんも、いよいよ登場しました!!

1357399673639.jpg

向かい側にあったのは、セルロイド製のブックマーク。
和の美意識 × モダンなデザイン
ツズルさんには、いつも
他ではなかなか見つけられないものがありますね。

1357365433936.jpg

お店のトレードマークになっている万年筆もたくさん。
文字をキーボードで「打つ」毎日だからこそ、
カッコいい万年筆で「書く」姿は、キラリと光ります。

1357365437757.jpg

そして、
ボンズくんには…

Tuzuru

ツズルさんの、ヘビ・デザインのポチ袋で、
お年玉をあげることにしました!

1357366207828.jpg
    銭洗弁天さまに行きたいなあー

-----------------------------------------------
*銭洗弁財天宇賀福神社
鎌倉駅から緩やかな坂を上って、源氏山の山頂に向かう途中
山をくり抜いた穴のような狭いトンネルをくぐり抜けると、
四方を山の斜面に囲まれながら、そこだけ頭上に空が広がる
ポッカリと平坦な空間に。

岩の間、洞の奥からは、頼朝の時代から800年以上
今も絶えることなく澄んだ湧き水が流れていて
洞の岩の天井には、わずかにすき間があって光が差し込み…
ここに立ったら、きっといつの時代も、どこの国の人でも、
神秘的・神聖な場~という印象を受けるのではないでしょうか。

お祀りしている神さまは、
人の頭をしてヘビの身を持つという「宇賀神」さま。
神話に登場する宇迦之御魂神(うかのみたま)に由来するとも
仏教の言葉で“財施”を意味する「宇迦耶(うがや)」に
由来するという説も。

できたてホヤホヤの武家政権を率いる頼朝が
天下安泰を願って建てた社が、
やがて、仏教の神さまだった弁才天と
信仰が重ね合わせられ、
人々は少々てんこもりに
御利益を期待したのかもしれません

“元祖アクション参拝”のカタチ=銭洗いは、
鎌倉幕府第五代執権の北条時頼が、
一族の繁栄を願って霊水で銭を洗ったことから。
当時、宋から輸入した宋銭が普及してきたことが背景にあるようです。

お参りは毎日どうぞ。 8:00-16:30
248-0017鎌倉市佐助2丁目25-16
phone 0467-25-1081

2013/01/01

「明けましたね。」

2013年になりましたね!

郵便屋さんよりもひと足早く、
みなさまに、鎌倉からお送りします。

Nennga2013


みなさまにとって
心ゆたかな一年になりますように。

そして、

楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、淋しいこと、
くやしいこと、切ないこと、言葉にできないもどかしいこと…

きっと毎日 いろいろなことがあるけれど、

どんな時にも、ボンズくんのまあるい顔が
小さな灯りの一つに なりますように。


< new years time-schedule >--------

◎貞次郎商店(もなか・手拭い) 元旦休み/am10:00-18:00
閉まっていたら、お隣の井上蒲鉾店にお声かけください。
夕方早めに閉めてしまうことがあります。0467-24-9191
◎TUZURU(ポストカード) 0467-24-6569
元旦からOPEN/am11:00-pm6:00 
◎拭う 若宮大路店 (手拭い・ポストカード) 0467-22-5551
三賀日はAM10:00-PM6:00
通常平日pm0:30-7:00 土日祝0:00-7:00
◎横浜そごう B2F諸国銘菓(もなか)元旦休み 045-465-3181
12月31日pm7:00まで/1月2日am9:30から
◎池袋西武B1F諸国銘菓(もなか)休日ナシ 03-3981-0111
12月31日はpm7:00まで/元旦はam10:00から
◎たからの庭 ギャラリーショップ(全商品扱いあり)
1月7日までお休み  0467-25-5742

↑ページの先頭へ戻る

鎌倉のたか 
ら探し

  • 祈
  • 恵
  • 人
  • 智
  • 町
  • 食
  • 菜
  • 甘